Month: 11月 2016

子供たちの夏休みの宿題を一緒に考えました。

子供たちには夏休みの宿題があります。
1年生と3年生の次女がいますが、どちらの学年でも夏休み用のドリルがあります。
ドリルはやった先にあたしが採点してポイントを書き込みます。
1年生の次女はアガサオの視察日誌を2枚かきます。
図説を書くのが何となく酷いようです。
葉っぱ、花のがたい、茎の長さなどがまったくうまくつかめず、上手にかけないようですが、奮い起こしながら書かせている。
また絵日記の宿題もあります。
こちらは思っていたよりも楽しそうに図説をかいていました。
1枚は「夏場イベント」の感じを書いていました。
いよいよ最初枚は夏休み中に機会があった時に書くことにしています。
図工の宿題は各学年共通の困難のなかからワンポイント選びます。
長女は去年はトンボの図説を書いていました。
1年生の時は「お米とあたし」についての図説を書いていました。
今年は「ファミリー」を方針にしたポスターがありました。
妹にとっても比較的に書き易い困難のみたいでした。
ファミリーが「スイカ割り」をやる部分を描いていました。エピレ キャンペーン VIOとワキ

小林麻央さんのブログを読んで他人事とは思えない自分

最近ブログも始められてニュースになる事も多い小林麻央さん。彼女のブログを読んでいると、彼女と同じように子供がいる私は他人事とは思えない切ない気持ちになります。幼い子供を残して、自分がいなくなってしまうかもしれない辛さ、申し訳なさ、そしてそうなるまで気付かなかった事への後悔。彼女の気持ちが手に取るように伝わってきます。その中で、誰もが隠すであろう弱った自分や病状を自ら発信する彼女の強さ。覚悟。本当にアッパレです。不安や後悔、苦しみ痛み、いろんな思いがきっとあるでしょう。それでも彼女はああやって強く生きている。彼女のブログはどれだけの人を勇気付けたことでしょう。もちろん私もそのうちの1人です。日々いろんな悩みや辛いこともありますが、それでもこうして普通に暮らせていること、それは決して当たり前ではなく、とても幸せな事なんだと気付かせてくれました。だからこそ、今を大事に行動しなければならないんだと感じさせてくれました。そんな風に感じた方も多いと思います。多くの人にいろんな事を気付かせてくれた小林麻央さん。強く生きようと、懸命に闘っている彼女に必ず明るい未来が待っているはずだと私は信じています。http://www.newporter.biz/