子供たちには夏休みの宿題があります。
1年生と3年生の次女がいますが、どちらの学年でも夏休み用のドリルがあります。
ドリルはやった先にあたしが採点してポイントを書き込みます。
1年生の次女はアガサオの視察日誌を2枚かきます。
図説を書くのが何となく酷いようです。
葉っぱ、花のがたい、茎の長さなどがまったくうまくつかめず、上手にかけないようですが、奮い起こしながら書かせている。
また絵日記の宿題もあります。
こちらは思っていたよりも楽しそうに図説をかいていました。
1枚は「夏場イベント」の感じを書いていました。
いよいよ最初枚は夏休み中に機会があった時に書くことにしています。
図工の宿題は各学年共通の困難のなかからワンポイント選びます。
長女は去年はトンボの図説を書いていました。
1年生の時は「お米とあたし」についての図説を書いていました。
今年は「ファミリー」を方針にしたポスターがありました。
妹にとっても比較的に書き易い困難のみたいでした。
ファミリーが「スイカ割り」をやる部分を描いていました。エピレ キャンペーン VIOとワキ